ハローワーク/保育士/求人/募集

MENU

保育士の仕事を探す記事一覧

パートの保育士で転職を考えている方は、時給が高い保育施設を選びましょう。東京や大阪のような都市部は、1200円から1500円が相場です。地方で働く保育士は、900円から1200円が相場です。正社員になると、年収で300万から400万が平均になります。時給の安い働き先が、ストレスが溜まらないかというと条件が悪く継続が難しい場合もあります。時給が高い施設で、福利厚生がよく職員がいきいきと働いている職場...

保育士として働くなら、年収、休日、労働時間などの待遇をよく調べておく必要があります。初めて保育士として働くならシミュレーションは難しいでしょうが、同職への転職ならばイメージはしやすいはずです。仕事として行うからには給与の問題は無視できないので、自分が欲しい最低限の年収を決めておきましょう。その上で休日、労働時間などの折り合いをつけていく必要があります。同じ年収ならば休日日数が多いほど、身体への負担...

保育士が転職を行う場合、やはり気になるのが年収です。転職先を探す際には年収がどのようになっているのか気になるところです。年収の調べ方としてはいくつかの方法があります。まずはハローワークで情報収集をするというものです。ハローワークでは月収や手当などを提示してくれるため、年収にすればいくらぐらいになるのかというのがすぐにわかります。そして、気になった場合には職員などに聞いてみるということができます。保...

「待機児童」という社会問題が大きくなる中、保育士さんの需要も高まり売り手市場となっております。現在保育士さんとして働いていても職場環境や家庭の都合で転職を検討されている方もおられるでしょう。保育士さんも一般企業と同様に給与や雇用形態、職場までの通勤時間などを比較して転職先を探すことになりますが、保育士さんだからこそ比較や検討を行うべき項目もあります。まず、保育園は「認可保育園」と「無認可保育園(認...

結婚や出産・育児など様々な理由で一旦仕事から離れるという保育士の人は少なからずいるのですが、中には別の仕事に切り替えていたけれども再び保育士として仕事がしたいと検討して転職を考えているという人も多いと言われています。このように一旦離れてしまったブランクがある人が保育士として転職をする場合、どのような点に気をつけておく必要があるのでしょうか。まず多くの人が抱えている悩みとしてブランクがあることが転職...

意外に思われる方も多いかと思いますが、助産施設でも保育士を募集している場合があります。助産施設は、経済的な理由により、入院することが難しい家庭のための施設です。保育士が助産施設で一体どんなことをすればいいのだろう?と疑問に思いますよね。じっくり見ていきましょう。保育士の仕事、というと保育園、幼稚園、児童福祉施設などで、子どもたちの保育をする、というイメージが強いですが、助産施設では勤務内容が少し異...

色々な情報誌で求人広告があります。色々なジャンルで色々な職業の求人があります。資格を持っているならやはり、資格を生かした職業で働きたいですよね。保育士の資格を持っている方は、保育園で働いてみませんか。保育士がどこでも不足しているのが現状です。保育園では、働いてくれらならと、どこも必死の思いで募集をしています。待機児童を減らす為に定員を増やして入所させたが、保育士が不足している園が多いです。保育士の...

保育士というお仕事では以前から人材不足が嘆かれているのにも関わらず、これと言って対策が行われていないので労働環境は従来のままです。こうした状況を打破するために、少しでも条件に恵まれている職場に転職するという保育士が増加傾向にあります。ただし、何も予備知識を得る事無く転職活動を始めてしまうと、思いもよらぬトラブルに巻き込まれたり、以前の職場よりも環境が悪化する恐れもあるのです。そこで、失敗せずに自分...

保育士の就職先としては一般的な幼稚園や保育園など、子供の預かりや教育を行う施設が従来では基本とされてきました。しかし昨今では民間企業も保育士の採用を行っており、保育士の進路のひとつとして挙げられるようになっています。保育士が民間企業の就職する場合、企業が運営するベビーシッターなどのサービスに従事したり、ホテルや美容室などの預かりサービスに勤務したりと、仕事の場は広がりつつあります。ベビーシッターを...

保育士の勤務先は保育所だけでなくさまざまな施設があるのですが、その一つに児童厚生施設があります。児童厚生施設と聞くと耳慣れませんが、児童遊園や児童館など、0歳から18歳までの児童に安全かつ自主的で健全な遊びを提供する場のことです。健全な遊びは心身の健康を増進させたり、創造性や自主性を高めたりとさまざまな働きをもっているのですが、近年、都市化の進行によって昔のように安全に児童が遊べる場所が少なくなっ...

保育士というと大抵の人が保育園で働くというイメージを持っていますが、実は保育士の勤務先は保育園だけではありません。保育士の勤務先の一つに児童養護施設があります。児童養護施設というのは家庭生活を続けることが困難になってしまった、1歳から18歳までの子どもたちが生活をする場所です。保育士だけでなく、施設長や事務員、また栄養士や調理員、児童指導員なども働いています。子どもたちの施設に入所する理由は親の病...

今や、非常に求職市場で非常に高い需要が求められている保育士ですが、実際、保育士に転職する際、なぜ保育士に転職を希望したのか?面接の時に必ずと言っていいほど聞かれるでしょう。その際どのような受け答えをすれば、面接官に好印象をもってもらえるか、いくつか例をご紹介します。まず、第一に「子供が好きであること」をアピールすることでしょう。自分は小さい頃から、子供が好きで、近所の年少の子達の面倒を見てきたり、...

保育士が転職を検討する理由としては給料面や待遇面、人間関係などほとんどが職場の環境に不満を持っているというものが挙げられています。そのためやりがいを感じている保育士という仕事は続けても環境を変えたいと言う思いで転職をするという人が多いのですが、その方法を誤ってしまうと似たような環境に遭遇してしまって何度も失敗してしまうということも多いのです。保育士はその仕事柄何度も転職を繰り返していると心象を悪く...

保育所の待機児童が問題になっている昨今、保育園と同時に保育士の需要も高まっています。その分転職しやすいといわれていますが、仕事内容を見ると子供の世話というのは体力を使う仕事です。あまりに残業が多ければ、体がついていきません。また保育士の場合、結婚や子育てで一度退職をして、再就職をすることもあり、フルタイムで働くのは難しいという場合もあります。そこで保育士の求人情報を比較するときには、労働時間を考慮...

保育士の方でこれから転職を考えている方がいるかと思われます。子どもに関われる魅力的な仕事であることは間違いありませんが、給料などの待遇面が決して良くないので、転職をして待遇を改善しようとするのは全くおかしなことではありません。そこで、転職時に提出しなければいけな履歴書と職務経歴書の書き方について見ていきます。これらはただの書類ではなく、自分をアピールできる方法の一つなので、適当に書くのはナンセンス...

保育士の転職動機として多いのは、多忙な勤務内容、給与の不満、人間関係の問題、家からの距離などがあります。保育士は専門資格を必要とする仕事ながら、給与はかなり低めに設定されています。平均年収は300〜350万円くらいであり、一般的な会社員と比べて50〜100万円ほど安いのです。特に他職から保育士に転職した方は、給与に対する不満を持っていることが多いようです。給与に対して仕事内容がハードだと、人間は必...

保育士の働き方としてはいくつかあり、正社員、派遣、パートなどに分かれます。派遣やパートなどは非正規雇用という扱いになりますが、非正規雇用で働く保育士は、公立では半分以上、私立でも4割近くと言われています。一度結婚し、出産した保育士が再び現場復帰をする際に正社員として働くのではなく、パートとして働くというケースがほとんどですが、中には最初から非正規雇用で保育士として働く人も出ています。正社員の場合、...

保育士の資格が生かせる職場のひとつに乳児院があげられます。そもそも乳児院とは、病気や経済的な理由によって保護者が子供を育てることが困難な場合に、保護者に代わり乳児を養育していく場所です。基本的には1歳に満たない乳児が入所する場所ですが、場合によっては2歳、3歳になるまで入所し続けるケースもあります。生活のすべてを支えていくことになるため、乳児院で働く保育士は、日勤と夜勤を分担して勤務にあたることに...

母子生活支援施設は母子家庭のサポートを行っている施設で、子供が18歳未満であることや、経済的な理由によって生活が難しいこと、自立するには生活上の問題や、子供の教育上の問題があることなどが利用条件となります。母子生活支援施設を利用する母子家庭は生活に困窮している例が多く、行政からの支援が必要です。また、経済面のみならず本来は夫婦として助け合い、子供を共に育てるべき夫からの迫害や暴力、経済的DVといっ...

保育士は教育や保育に関する資格を有し、子供の幼少期に関わる大切な仕事です。保育士としての資格取得後の就職先としては、認可幼稚園や保育園などの候補を挙げられます。子供の成長を支える仕事としての魅力はあるものの、従来の保育園は給与の低さも社会的な問題となっており、高給料を目指すのならば他の就職先を選ぶことも選択肢となるでしょう。昨今では企業が従業員のために独自の保育所を設ける例が増えています。預かる子...