保育士/転職/保育園/選び方

MENU

保育士が転職する時の保育園選び

 
「待機児童」という社会問題が大きくなる中、保育士さんの需要も高まり売り手市場となっております。

現在保育士さんとして働いていても職場環境や家庭の都合で転職を検討されている方もおられるでしょう。
保育士さんも一般企業と同様に給与や雇用形態、職場までの通勤時間などを比較して転職先を探すことになりますが、保育士さんだからこそ比較や検討を行うべき項目もあります。

まず、保育園は「認可保育園」「無認可保育園(認可外保育園)」の2つに大別することができます。どちらも最近テレビなどで聞いたことがある方も多いでしょう。認可保育園は児童福祉法に基づく「児童福祉施設」で、園内に設置している防火対策設備の有無や働いている保育士さんなど職員の人数が一定水準を満たしている園に対して認められているもので、運営費用の補助を受けています。更に、保育料も世帯の所得に応じているので保護者の負担が少ないのが特徴です。一方の無認可保育園はいづれかの条件を満たすことができない為認可を受けられない施設で、国からの補助が出ない分保育料が高くなる特徴があります。
設備が整った施設に安く入れるのであれば、保護者は誰もが認可保育園を選ぶでしょう。しかし、働く保育士さんから見てはどうでしょうか。確かに、認可保育園であれば基本的なものは全て揃っており、働く分には問題無いでしょう。但し、就職希望先としても人気であるので求人倍率は非常に高い状態を維持しています。また、認可保育園は職員の数を十分確保している分、職員の数が多い傾向にあります。職員の数が多すぎると保護者間との連携がスムーズにならず、クレームやトラブルの原因になります。

無認可保育園は設備面などでは多少デメリットに思うかもしれませんが、夜間保育など保護者のニーズに応えた施設もあるので勤務時間など求人の選び方も幅が広がります。
認可保育園と無認可保育園、どちらも特有のメリットとデメリットがあります。まずは転職を希望している施設の情報を集め、自分の希望に合うかどうか確認すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

    

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育ひろばの非公開求人を見る


 

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育ひろばの非公開求人を見る

 

 

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺のマイナビ保育の保育士非公開求人を見る

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺のマイナビ保育の保育士非公開求人を見る

 

 

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育士バンクの保育士非公開求人を見る

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育士バンクの保育士非公開求人を見る

 

 

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育エイドの保育士非公開求人を見る

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺の保育エイドの保育士非公開求人を見る

 

 

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺から東京へ行くなら保育メトロで保育士の非公開求人を探してから!

 

>>★★★F153市区町村★★★周辺から東京へ行くなら保育メトロで保育士の非公開求人を探してから!

 

兵庫県
東京都
栃木県
香川県
千葉県
宮崎県
新潟県
高知県
愛媛県
岩手県
山梨県
京都府
大阪府
沖縄県
広島県
和歌山県
福井県
愛知県
三重県
鹿児島県
山口県
熊本県
福島県
奈良県
神奈川県
群馬県
石川県
岐阜県
滋賀県
富山県
長崎県
佐賀県
徳島県
岡山県
宮城県
青森県
静岡県
福岡県
島根県
長野県
鳥取県
山形県
大分県
茨城県
北海道
秋田県
埼玉県